公式ブログ

2020/04/22 お知らせ

楽しいオンライン授業のために。 協力してくれると助かることのまとめ。

みんなこんにちは!
オンライン授業にはなれてきたかな?

今日はみんなに、お願いしたいことや、知ってるともっと楽しいことを書いています。
協力してくれると、先生たちはとっても助かるだけではなく、
授業がもっとスムーズになると、先生たちはさらにできることが増えます!
たとえば、カメラを使って実験の様子を中継したりとかね。
みんなの協力がもっと楽しいオンライン授業につながります!

 

リアクションをプリーズ。

オンライン授業ではみんなは小人になっている。

先生たちは画面でみんなを見ている。
大きいモニターを使っているけれど、ひとりひとりが、スマホの画面くらいの大きさになってると思ってください。
 
オンライン授業_画像

写真を見てほしい。特に、みんなに画面共有している時は、この写真みたいにに小さくなっているんだ。
 
そして、お家の環境によっては音がうまくひろえていなかったり、顔の画像があらくて、細かい部分がよく見えない時もある。

だから画面の向こう側の誰かに伝えたいことがある時は、大きな声で、はっきりと話してほしい。

いつも過ごしている感じではオンラインは成り立たない。

(「先生が気づいてよ!」がオンラインで叶うのは、参加する人が全員5G回線で、フルHDのカメラを搭載してからだ。)

ミュート解除とかの画面の操作は、先生たち側でなんとかできるが、リアクションは君たちにかかっているよ。

いつもの3倍、オーバーにやってちょうどいいと思って欲しい。

もうね、これはマジでお願い。

 

ちなみに前川先生は、普段の授業以上の声で話してしまう。

でもこれは、仕方ない。

みんなの反応がうすいと、聞こえていないかと心配で声が大きくなってしまうものなのだ。

うるさかったら自分のスピーカーの音をそっと調節してあげてほしい。

そして、リアクションをオーバーに返してあげてね。

 

 

WEBカメラの写り方

  • 描いたものを見せたい時

小さな字や薄い字はよく見えないから注意だね。

そして書いたものを画面の向こうの先生に見せる時は、WEBカメラにベッタリとつけないのがコツだよ。

そうしないと影ができて、真っ暗に写ってしまうんだ。

光が入るくらいの距離を保って近づけてみてほしい。

HOPスクショ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
書いたマインドマップを見せてもらっているところ。
上手に見せてくれているよね♪
 

  • 後ろに写したくないものがある時

実はZOOMには背景を自動でつけてくれる機能がある。

TVニュースのお天気お姉さんみたいになれる。

やり方は、左下のビデオのアイコンの右の[^]を押して、[仮想背景を選択してください]を押す。すると背景を選ぶことができるんだ。

自分で好きな画像を設定することもできる。

興味がある人は、調べてやってみると面白いよ。

ただし、古いタブレットやパソコンではパワー不足でうまくいかない事もある。

 

リアクションを返すコツ

  • カメラの位置をチェック!

みんなは、授業を受けるときに使っているパソコンやタブレット、スマホのどこにカメラがあるか知っているかな?

カメラがどこにあるのか、お家の人に教えてもらってほしい。

先生は、みんなの顔を見ながら、お話がしたい。

せっかくカメラがあるのに、みんなの髪の毛しか見えないのは、さみしいからね・・・。

 

  • ジェスチャーでリアクション

カメラには、みんなの顔の近くしか映ってない。

だから、顔の近くでジェスチャーをして見せてほしいんだ。

たとえば・・・

うなずくかわりに、ほっぺたの横で「OKマーク」
手をあげるときには、ほっぺたの横で「大仏の手」
〇×クイズなら、顔の前で「〇マーク」「×マーク」

ほかにも、ジェスチャーでできることがありそうだね!

アイディアを思いついたら、先生に教えてあげよう!!

 

  • グッド&拍手マークでリアクション

Zoomには、ボタンひとつでリアクションができる機能がある。

「グッドマーク」と「拍手マーク」だ。

やり方は、右下にある「反応」という顔マークを押すと、マークが2つでてくる。

あとは、マークを選んで押す!
反応

さっそく、ジェスチャーの代わりに使ってみよう!

 

先生たちは楽しい授業を考え続けるよ!

そして楽しいオンライン授業を作るのは、参加するみんなにもかかっている。

みんな読んでくれてありがとう!