RAKUTOとは?

マインドマップとは?

RAKUTOでは、毎回の授業で教科毎にマインドマップを描く時間を設け、
自然にマインドマップの思考が身につき学習能力が高まるようにカリキュラムを組んでいます。

マインドマップとは脳に自然な思考術

マインドマップは、英国の教育者トニー・ブザンが開発した思考技術です。 それはまさに自然を模倣したかのようにノートをとる方法で、理解力、記憶力、発想力、問題解決力をはじめとした様々な脳の力を一瞬にして引き出します。

ビルゲイツ、アルゴアをはじめ、グローバルリーダーが活用。 BM、ディズニー、BMW、ナイキ、香港上海銀行等の国際企業では研修が行われ、マインドマップで会議が行われることもしばしば。 マインドマップは教育界でも広く活用されています。とくにOECDによる学習到達度調査トップのフィンランドは、「カルタ」と呼ばれるマインドマップが国語の授業で使われています。

マインドマップ21世紀は、インテリジェンスの時代―答えのない時代において、答えを導き出す必須のツールとして、分野を超えたリーダーたちが、マインドマップを活用しているのです。

1.整理力がつきます

マインドマップは放射状に伸びた思考法ですので、頭の中に浮かんだことや参考書を読んだ順に、そのカテゴリーのブランチ(枝)に合わせて書き出していくだけで、整理ができてしまう魔法のツールです。これは、思考があちこちに飛び易い(同時に物事を考えられる素晴らしい才能なのですが)子供達には、とても適しています。

また、たくさん描いて慣れてくると、そのうちに自分なりの仕組み・統一感のあるマインドマップができるようになります。そうなると、マインドマップを使って、考え方の整理ができたり、系統立てて考える回路も開けてくるようになるのです。

マインドマップを使えば、このように「整理する能力」が自然と身についてしまいます。

2.発想力が広がります

マインドマップに定型はなく、どんな方向にも、いくつでも、どんどんブランチ(枝)を伸ばしていくことができます。 その子の個性のままに、自由にブランチ(枝)を伸ばしていくことは、「発想に限界を作らず広げていく」ということになります。

昨今、「想像力」「創造力」に乏しい子供が多いと言われていますが、マインドマップを使えば、想像&創造の翼を存分に伸ばし、「発想力がどんどん広がる」のです。

3.記憶力が伸びます

カラフルな色を使い、あらゆる方向にブランチ(枝)を伸ばすマインドマップの思考法は、描いているとわくわくしてきます。脳が活性化してくるのです。 すると、描いただけなのに、頭の中にそのマインドマップが浮かんできて忘れない、という現象がよく起こってくるようになります。 更に、一度描いたものなので、何回も見直すだけで、より記憶が強固になっていきます。

子供達が、マインドマップを描き出すとやめられないのは、楽しいことに加えて、成績が上がる、記憶力がよくなった、という目に見える結果も出るからです。

大手企業や教育機関が次々受講しています

日本IBM、ソニー、富士通、マイクロソフト、資生堂、みずほ銀行、他
東京大学、立教大学、東京理科大、立命館大学、日本サッカー協会、他
(2007年基礎講座への参加実績)

マインドマップは、日本でも「知る人ぞ知る画期的なツール」として、一部の知的プロフェッショナルたちに使われていました。日本では、2006年11月、開発者トニーブザン公認の唯一団体として、ブザン教育協会が設立され、普及に一気に拍車がかかりました。

「ビジネス界」では、社員8,000人を擁するコンピュータ会社、売上3兆円超の流通会社をはじめとして、一流企業が次々と、マインドマップを研修プログラムに導入。また日本サッカー協会をはじめとしたスポーツ団体、宮城県登米市役所をはじめとした官公庁でもマインドマップ研修が行われはじめました。

「教育機関」については、たった半年間で、小学校から大学院の30校以上が、マインドマップ研修を実施。まさに教師および生徒の方々が待っていたかのように、次々と導入が決定しています。

このように短期間で、マインドマップが広がるのは、学んでいる最中から、明かに効果を体感できるからです。まず研修を受けている最中から、発想が溢れ出してきます。思考がたちまち整理され、自分の意見をよどみなく伝えられるようになります。それは、まさに自分の能力が向上し、可能性が開いていくプロセス―あなたもマインドマップを描くたびに、新しい可能性に出会えるはずです。